koturnの日記

普通の人です.ブログ上のコードはコピペ自由です.

Windowsでneovimを使う(改訂版1)

はじめに 前回の記事(約1年前1)でWindowsでneovimを使う方法について書いた. しかし,約1年も経過すれば,色々と変化はあり,前回の記事内容そのままというわけにはいかない. 「Windows neovim」でググると,僕の記事が一番上に出てくるというのもあり,…

OpenCLのオフラインコンパイル

はじめに OpenCLといえば,カーネルのコードに以下の2つのコンパイル方式がある. オンラインコンパイル オフラインコンパイル オンラインコンパイルは,実行時にOpenCLのカーネルコードを文字列として関数に渡し,プログラムオブジェクトを構築する手法であ…

Osaka.vim #7に行ってきた

Vim

はじめに 参加感想記事なので,今回は「ですます調」で書きます. 2ヶ月遅れの参加記事執筆となりますが,7月2日にOsaka.vimに行ってきました. 7回目のOsaka.vimだったわけですが,6回目の参加でした. ちなみに,Osaka.vimの参加記事を書くのは今回が初め…

Dein.vim で NeoBundleList と同様のことをする

Vim

はじめに 発端はこの会話. @koturn deinでNeoBundleListに相当する関数ってわかりますか?— ちゃっく (@chakku_000) 2016年8月21日 この質問を受け,dein.vimにおいて, :NeoBundleList に相当する関数を探したが,直接的に該当するものはなかった. しかし…

MSYS2でOpenCLを使う

はじめに MSYS2でOpenCLのプログラムをコンパイル&実行したかった. pacmanでOpenCL関連のヘッダを導入することはできるが,OpenCLのインポートライブラリは導入することはできない. ここでは,MSYS2でOpenCLの環境を導入する一連の手順を紹介する. OpenCL…

std::vectorなどでアラインされた領域を用いる

はじめに 前回の記事でCPU SIMD命令(SSE/AVX/NEON)を紹介した. ただ,前回の記事では静的配列や単純な動的確保のパターンでしかアラインされた領域を用いる手法しか紹介しなかった. 今回は,C++でよく用いられるであろう std::vector でアラインされた領…

AVXとAVX-512のインタリーブ

C++

はじめに 前回の記事では,Intel系のCPUとARM系のCPUのSIMD命令紹介した. 記事中のサンプルコードで,画像の2倍の拡大を行うコードがあり,その中でインタリーブを行っていた. SSEであれば,単純にunpack命令を実行するだけでよかった. 簡単なサンプルコ…

SIMDの組み込み関数のことはじめ

はじめに 現代のCPUではSIMD(Single Instruction Multiple Data)命令を利用することができる. SIMD命令とはその名の通り,ひとつの命令で複数のデータを処理するものである. Intel系のCPUでは,MMX/SSE/AVX/AVX-512といったSIMD命令が利用可能であり,ARM …

GNU MakeでC/C++の依存関係を自動定義する

背景 C/C++用のMakefileを書いていると,依存関係を記述するのがなかなか厄介に感じられる. 何とか自動的に依存関係を定義したいと考えた. gcc/g++による依存関係の抽出 gcc/g++は以下のようにして依存関係を抽出することが可能である. $ g++ -MM foo.cpp…

NTSC加重平均法の整数演算による高速化

はじめに NTSC加重平均法という有名なグレースケール変換がある. このグレースケール変換は,ある画素の輝度値 $Y$ を,次の式(\ref{eq:ntscAverage})のように求めるものだ. ($r, g, b$ は赤,緑,青それぞれの値) \begin{equation} Y = 0.298912 r + …

各種言語における標準入力からのEOFまでの入力サンプル

はじめに 昨今,CodeIQやpaizaといったサービスが登場し,自動採点型のプログラミングの問題に取り組む人が増えている(と思う). 自動採点型のプログラミングの問題では,基本的に標準入力から読み込みを行い,をれに応じて適切な出力をするというものだ.…

CodeIQのスクエア・カルテット問題を解いた

はじめに CodeIQで@riverplus氏による「 スクエア・カルテット」問題 という,初等整数論を絡めた面白いプログラミングの問題があったので,それについての記事を書いた. 高校生の数学を思い出す良い問題であり,楽しかった. 問題 2つの自然数の組 $(a, b)…

候補絞り込み型インターフェースを提供するプラグインについて

Vim

この記事は Vim Advent calendar 2015 の16日目の記事です. 僕は普段「だ・である」調でブログを書いていますが,今回の記事は多数の人に見ていただくことを考慮して,多くの人がブログで採用している「です・ます」調,語り口調で書いていくことにしましょ…

Cygwinでclipboard機能を有効にしたVimをビルドする

はじめに 昔のCygwinのVimではクリップボードが利用できず,Cygwinで用意されているクリップボードデバイス /dev/clipboard に対し,読み書きを行うことや, getclip , putclip コマンドを利用することで,クリップボードとのやりとりを行っていた. kanaさ…

Vimからfzfを利用する

Vim

はじめに fzfとは,percolやpecoと同様,絞り込みの検索を行うことのできるコマンドラインツールである. 日本では,percolやpecoが有名で,fzfはあまり有名ではないが,海外では有名であるらしい. fzfはVimから利用できるように,公式のリポジトリにAPIを…

ctrlp.vimのエクステンションの作り方

Vim

はじめに この記事はctrlpvim/ctrlp.vimのエクステンションの作り方についての記事であり,ctrlpの公式リポジトリのextensionsブランチに書かれているエクステンションの作り方,および以下の3つの記事の内容に個人的な知見を追加したものである. Vimプラグ…

Windowsでneovimを使う

注意(2016/10/18 追記) この記事の情報は古くなっているので、新しい記事を参照してください. 前書き 僕自身,neovim自体にはあまり注目していなかった人間であるが,neovimが頑張ってるっぽく,かなり話題を耳にするようになったので,敢えてWindowsでne…

WhitespaceをC言語ソースに変換する

はじめに WhitespaceとはBrainfuckやLazyKと同じ難解プログラミング言語と言われる言語のひとつである. 難解プログラミング言語はジョーク言語と言われるが,実装の容易さやシンプルな言語仕様を考えると,とても興味深い言語である. Brainfuckはチューリ…

C言語でメモリ上のコードを実行する

(あまり低レイヤに詳しくない人間がこの記事を書いているので,信憑性については注意すること) C言語といえば,自由度の高いプログラミングである. メモリ上に機械語を書いて,それを実行したいという欲求は多くあるだろう. 例えば,次のHello Worldプロ…

NeoBundleの使い方

Vim

他人の.vimrcを見ていると,NeoBundleを用いてプラグインの管理をしている人が多い. かくいう僕もその一人である. しかし,NeoBundleの事情に詳しくない人は,どうも古い情報を参照しているため,以下のような古い仕様のNeoBundleに沿った記述や,そもそも…

memolist.vimの遅延読み込み設定

Vim

glidenote/memolist.vimというメモを取るためのVimプラグインがある, Shougo/neobundle.vimでこのプラグインを管理し,遅延読み込み設定を行った. NeoBundleLazy 'glidenote/memolist.vim', { \ 'autoload': {'commands': ['MemoGrep', 'MemoList', 'MemoN…

Vimで<C-c>を含むマッピングをするときに注意すること

Vim

前書き まずは,簡単な説明をする. $ vim -u NONE としてvimを立ち上げて, :nnoremap :<C-u>a<C-c>echo 'Hello World!'<CR> のようにマッピングしてみよう. そして,ノーマルモードにて, a<C-c> と入力すると, Hello World! とエコーされず, Type :quit<Enter> to exit Vim と表</enter></c-c></cr></c-c></c-u>…

VimでUndo履歴を消去する

Vim

:help clear-undo を見ると, let old_undolevels = &undolevels set undolevels=-1 exe "normal a \<BS>\<Esc>" let &undolevels = old_undolevels unlet old_undolevels とすれば,undo履歴が消去できるとのこと. しかし,コマンド normal は,マッピングを展開す</esc></bs>…

Vimでルートユーザとして保存する

Vim

rootユーザでVimを起動したり, sudoedit でVimを起動しなかった場合,権限の無いファイルを編集後,保存しようとしても保存できない. 割とあるあるなことだと思う. (特にVimに閉じこもる人にとっては) そんなとき, :w !sudo tee > /dev/null % と実行…

NeoBundleLazyのautoloadのcommands指定で頑張った話

Vim

neobundle.vimには,遅延読み込み機能があり,適切に設定してやることで,プラグインの使用感はそのままで,Vimの起動時間を短縮することができる. autoloadの設定には, ファイルタイプ検出時 filetypes ファイル名検出時 filename_patterns コマンド実行…

Vimに自殺させる

Vim

Vim力を上げるために,過去のvimrc読書会のログを見ていたときに,次のコマンドを発見した. command! Suicide call system('kill -KILL ' . getpid()) Vimは自分自身のPIDを getpid() 関数で取得できる. そうして取得した自身のPIDに対して kill コマンド…

Vimのmessages履歴について

Vim

Vimで :messages とコマンドを実行すると, :echomsg と :echoerr から出力されたメッセージ履歴を閲覧することができる. :help :messages によると,tinyバージョンであれば,過去のメッセージを20行,それ以外だと200行閲覧することができる. しかし,最…

Vimのサーバー機能でタイマーを実現する

Vim

Vimのあまり知られていない(?)機能として,サーバー機能がある. この機能を用いると,他に立ち上げているVimとやりとりすることができる. ただし, +clientserver でコンパイルされていないと,利用することはできない. このサーバー機能を活かして,…

Vimのrange指定した関数を呼び出したときにハマッたこと

Vim

.vimrcに昔記述した,カーソルを移動せず,ファイルの全ての行末のホワイトスペースを消去するコマンドを,範囲指定できるように書き直したときにハマった話をする. 以下のコマンドを, function! s:delete_trailing_whitespace() abort let cursor = getcu…

Vimで編集中のファイルを(ほぼ)2度と編集できなくする

Vim

最初に言っておくが,この記事は単なるジョーク記事である. Vimには暗号化を行う機能がある. :help 'cryptmethod' や :help :X , :help 'key' あたりを参照してもらえばよくわかるはずだ. まず,カレントバッファにて, :X というコマンドを実行してほし…